仕事について話そう。
仕事も勉強と同じで「させられている」制限がかかっている内は
力が10分の1しか発揮できない。

「仕事がしたい」とか「営業がしたい」となると伸びるんだよ。
10の自分の力が発揮できるから。

 

親が就職してほしいで就職しても
続かないのは「させられいる」からなんだよ。

自分が自分の得意や特性を知っていて、この会社で自分の特性を生かしたいと
思うとボルトとナットがきれいに合うように仕事は決まる。

仕事は「学びたい」の先にある世界なんだよ。
その世界ではもっとすごい人にたくさん出会うだろう。
するとまた勉強しだすだろうし、
どんどん引き上げてくれるのが一緒になるんだよ。

会社が就職で一番重要とするのは、「会話能力」なんだよ。
どんな事でも話ができたり、分からない事は分からないと伝えられたり
普通の事なんだよ。

分からない事を分かったふりをしても
全て分かってしまうんだよ。

会社はその人の伸びしろを見るんだよ。
「これは伸びる」という思いに会社はかけるんだよ。

会社はすぐその人が稼げるようになるとは思っていない。
1年2年かけてその人に投資して人材を作っていくんだよ。
その人の特性、伸びる力を見ていくんだよ。

そこでの基本が「学びたい」「もっと勉強したい」が
あるかどうかなんだよ。

そう、気付いただろうが、学びたいは自分から出ないと
力は発揮されない。
子供の勉強と実は同じなんだよ。

親がいくつになっても「勉強したい」を持っていると
子供も学びたくなるんだよ。

それは花でいうと蕾。
それができたら後はどんな花が咲くのか楽しみに見てたら良い。

そう待つ事が大切なんだよ。
「させられている」が「したい」に
変わらないとイキイキ生きれないのは
昔も今も同じなんだよ。

宇宙の神様から